2019年度 研究主題

ひとりひとりが「学びの高まり」を実感できる授業

~「読解力」をベースにした主体的・対話的で深い学び~

研究仮説
仮説1 算数科の指導において、文章や図等から得られる情報を読み解く力が身につくこと
    で、既習事項のふりかえりや関連付け、活用することによって、課題解決の達成感
    をもつことができ、学びの高まりを実感できるようになるだろう。
仮説2 算数科の指導において、学習課題を明確にし、見通しを持たせることで主体的に学
    習したり、友達との関わりによって、互いに学びあえたりするようになるだろう。

研究の全体構造図(グランドデザイン)はこちらからご覧いただけますLinkIcon全体構造図

29年度の公開研の案内はこちらからご覧いただけますLinkIcon公開研案内